MENU

ボディタッチをするときに気を付けるポイント

ボディタッチはモテテクニックとして昔から有名です。
ですがあることに気を付けないと男性に嫌がられてしまう結果につながりませんので、注意も必要です。

 

女性慣れしていない人には控えておく

「ずっと男子校だった」「今まで女の人がこわかった」など、女性慣れしていない男性もいます。
そういう人たちにとって女性はまだ未知の領域にいる人たちばかりなので、多少の恐怖感をあおってしまう場合があるのです。
あなたが軽い気持ちで彼に触れたとしても「なんで触ってくるの、こわい!!」と思われてしまっては意味がありません。
女性慣れしていない人は、話しているときに視線が泳ぎがちなので、まずは視線を観察してからボディタッチに踏み込むかを判断しましょう。

 

いつもべたべた触りすぎない

気になる人に堂々と触ることができる機会だからと言って、彼をべたべた触りすぎてはいけません。
逆の立場になって考えて、あなたが好意を持たれている男性にべたべた触られたら、やっぱり怖いですよね。
何事も適度にするということが大事です。
ちょっとだけ触れて「あれ、もう触らないの?」と彼に思わせることができればこっちの勝ちです。

 

きちんと付き合いたければ、激しいボディタッチはしない

いつもボディタッチをしすぎると軽い女性に見られてしまい、体だけの関係になってしまうということも少なくありません。
彼と正しい順序できちんと付き合いたければ、激しいボディタッチは絶対に控えましょう。
大笑いした時に彼を「もうっ」という感じで触るぐらいならいいのですが、腕を組もうとしたりなどは絶対にNGです。
付き合うまでは激しいボディタッチをしないことで、貞操観念がしっかりした女性だと思わせることができます。

 

おわりに

ボディタッチをしすぎるのは男性には効果がないということが分かっていただけたでしょうか?
ですが、少し触るなどのちょっとしたボディタッチはやはり効果がありますので、ボディタッチはうまく利用しましょう。