同棲から結婚を遠ざけないように気をつけたいこと

結婚前に同棲をして、相手のことを知るという機会を持つことは、結婚をイメージし易くて良いと思います。
しかし同棲がきっかけになり、別れに進んでしまうカップルも少なくありません。
同棲をしている彼への接し方で、気をつけた方が良いことを紹介します。

 

1.束縛をする

好きな彼のことを知っておきたいという気持ちはわかりますが、全てを把握しようとすると彼からめんどくさいと思われます。
出かける時に「どこに出かけるの?」「何時に帰ってくるの?」と聞き、出かけている最中も「今どこ?」など連絡をしてしまうと
重たい女になってしまいます。
同棲中に束縛されていることを感じると、結婚に踏み切れなくなってしまいます。

 

2.自分ばかりが家事をする

同棲をしてあなたばかりが家事をしていると、彼はその状況に甘えて、何もしない男になってしまいます。
最初は彼に尽くしている感があったあなたも、毎日のことになると、うんざりしてきますし、「ちょっとは手伝ってよ」という
気持ちになります。
結婚生活は支え合いが大事です。
彼に家事をしようかなという気持ちにさせることも大事です。

 

3.お母さんのようになってしまう

一緒に暮らしていると彼のダメなところも見えてきてしまいます。
服を脱ぎっぱなしだったり、お風呂に入らずにソファーで寝てしまったりということを目にします。
そういった時に「だめでしょ」とつい注意してしまいます。

 

しかしガミガミ言ってしまうと、お母さんのようだと思われてしまい、女性としての魅力は半減します。

 

4.結婚、結婚ばかり言う

彼と結婚したいなという気持ちが強くても、待つという姿勢でいることは大事です。
同棲している彼女から、頻繁に「結婚」「結婚」と言われてしまうと、彼の方は結婚する気があっても
うんざりとしてきてしまいます。
言いすぎないようにしましょう。

 

おわりに

いかがでしたか。
同棲がきっかけで別れにつながるのは、悲しいものです。
上の4つのポイントに気をつけてくださいね。